滝川行ってきました。

菜種畑
日本一の菜種産地、北海道滝川市に行ってきました。今時期はちょうど播種真っ最中で忙しい時にお伺いしてしまい恐縮でした。
菜種をわけていただいている滝川の菜種農家さんから、「おい、小野寺君。使わない機械あるから取りに来いよ!」とお電話いただいたのが今年の春。ほんとかな~と思いましたが、真に受けてお伺いしました。そしたら出てくる出てくる、えっ!!こんなにいいんですか!!!というくらいたくさんいただいてしまいました。
トラクター、カルチ、乗用カルチ(改造版)「これがあるといいんだよ!田植え機械だから、少々ぬかってても入れるし、タイヤが細いから作物をふんずける心配も少ないし、これは絶対持ってけよ、まだまだ稼ぐから。」レンタカーのトラック荷台にはもう隙がありません。「じゃあ、あとは捨てないでとっとくから来年また来いよ。」って・・・。いいんですかほんとにまた来ますよ!
滝川の反収は日本一、いや世界一です。地元とは倍以上の差があります。なんでこんなに差が出るのか、きっちりと栽培方法をご指導いただきたいと思っています。現場できっちりと結果を出しているこれ以上の説得力はないですよね。そのための道具を今回いただいてきましたのでそれをフル活用して大東産菜種の品質向上と収量アップに貢献したいと思います。
菜種生産農家があって、私達のような搾油業者が仕事をできるのです。また、食べていただける人がいることも同様に大切です。このつながりを大切にこれからもがんばっていきたいと思います。どうか応援してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA