自然農園ウレシパモシリ

 したみち農園の及川さんと知り合うきっかけとなった有機農業の研修先「自然農園ウレシパモシリ」さん。園主の酒匂さんとは以前にもお会いしており、現在共同で醤油を作っています。(自家消費用です。食べられるのは約2年後、おいしくできればいいのですが・・・)
 「ウレシパモシリ」とはアイヌ語で「自然界そのもの」。名前からもスケールの大きさが伝わってきます。
 そんな酒匂さんはパーマカルチャーという農法の実践者です。パーマカルチャーとは、そこにある資源を活用し、なるべく自然に負荷をかけず、大自然のおおきな営みの中に人間が存在し、人間は自然に生かしてもらっているといった考えだと私は理解いたしました。こんな時代ですから大変貴重な存在であり、見習うこたがたくさんあります。農業の先輩のお話は大変勉強になりました。
 もっと詳しく知りたいと思った方はホームページまでどうぞ。また、このような考えでつくられた農産物や加工品をぜひ食してみたいと思った方もどうぞ。私は豚肉をいただきましたが厚くてもやわらかくて噛み切れ、甘味があり、臭みがなくおいしかったです。
自然農園ウレシパモシリ http://ureshipa.com/index.html
 工房地あぶらのブログのリンクにも貼ってあります。時々のぞいてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA