突然のお客様

 昨日いつものように搾油作業をしていると入口付近に人影が。また生産農家の方がいつものようにちょっと見せてくださいとか、菜種をもってきたとかそんなことだろうかと思い目をやると私たちの先生である増子さんご夫婦と、同じく菜種油をつくっている国分さんがわざわざ福島からおいでになったのでした。突然のことに何をどうしていいかあたふたしていると機械から離れなくていいよと増子さん。油の香りや、種の状態、油の出ぐあいや加熱温度のことなど確認いただき、最後に商品の出来栄えを見ていただいて合格点をいただきました。奥さんははじめての来房です。こんな時はどうしてるの?とかこんな時はこうするといいよと何十年もかけて実務の中で得たノウハウを丁寧に教えていただきました。やればやるほど奥が深い。ちょっとしたことなんですがそれが味や香り、作業に影響してきます。
 気にとめていただき、また遠いところご高齢にもかかわらず、わざわざお越しいただけたことにほんとにありがたい気持ちになりました。先生である増子さんの名を汚すことのないようにおいしい油を作り続けたいと気持ちを引き締めなおした一日になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA