2月の工房日記(第38号)

2月は逃げる。まさにその通りだと感じる今日この頃、3月は去る、心して年度末を過ごしていきたいと心に誓うこの季節、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 過去にお手紙でもご案内させていただいておりました新商品をお客様に向けていち早くご案内申し上げます。
IMG-1353_convert_20180302112914.jpg
IMG-3692_convert_20180302112819.jpg
その名は「広田の海と地あぶらのアヒージョ」弊社所在地大東町の隣町、陸前高田市広田湾産牡蠣と、弊社菜種油のコラボ商品です!原材料は牡蠣、菜種油、唐辛子、塩、ローリエ、ニンニク、胡椒だけの素材の良さを前面に打ち出した自信作です。牡蠣は一番おいしい時期のものだけを使います。なので、限定生産になります。ココットにうつしてマッシュルームやブロッコリー、ミニトマト、アスパラガスなどとともに温めてお召し上がりいただいたり、これにパスタを和えてお召し上がりいただくこともおすすめです。販売は3月中頃を予定しております。弊社ホームページをチェックいただき、ぜひお買い求めください。
IMG-3781_convert_20180302112844.jpg
そして、新商品第2弾「ひまわり油」販売に向けての栽培勉強会を行いました。原料がないことには先に進まないお話ですので、農家さんを中心にお声がけさせていただき実施いたしました。国産原料にこだわり、且つ顔の見える生産者とのつながりを大切にしたい弊社は、生産者とのつながりを大切にします。夏までには販売を開始する予定ですが、昨年のひまわりが多くないので、販売量も少量になります。ご容赦ください。美味しい油と、農村の景観、遊休農地の解消に向けた弊社の取り組みにご支援をお願いいたします。
IMG-3704_convert_20180302112831.jpg
地元の堆肥製造現場に見学にも伺いました。寒い外気温の中、発酵熱で湯気がもくもくと立ち上り、圧倒される光景でした。地域内でエネルギーが循環するシステムの構築も考えてとても参考になる訪問となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA