菜たね油の成分組成

 暑い日が続いています。皆さんは体調をくずしてはいませんでしょうか。こんな日は元気に育ったトマトやキュウリといった夏野菜をたくさん取って暑い夏を乗り切りましょう。夏野菜は体温を下げる働きがあるらしいですよ。旬の大切さを実感いたします。
 工房地あぶらで生産される菜たね油の成分は以下のとおりです。
オレイン酸    62.9%
リノール酸    19.4%
αリノレン酸    7.1%
パルミチン酸    4.7%
エルシン酸  検出されず
 特徴はオリーブオイルに多く含まれるオレイン酸が菜たね油にも多く含まれ、エルシン酸が検出されなかった点にあります。
 オレイン酸は一般的に悪玉コレステロールを減少させ、動脈硬化や高血圧に効果があるとされています。またエルシン酸は心臓に対して害があるとの報告があります。
 体に良くてもまずくては続きません。おいしくても害があったら同じことです。おいしくて安心できる「工房地あぶら」の「菜たね油」をぜひ一度お試しください。私はオリーブオイルより日本で昔から食されてきた菜たね油のほうが口にあいました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA