6月の工房日記(第30号)

梅雨のじめじめした今日この頃、お元気でお過ごしでしょうか?工房の周りは草が元気よくおがり、刈っても刈っても間に合いません。憂鬱な季節です。
さて6月は私が所属しております一関青年会議所の例会がありました。テーマは「炭におけ菜いJC」一関市の花である菜の花と、昔盛んだった炭づくりの体験学習会です。
無題_convert_20170705105416
18952795_650761218466182_6855039391620241009_n_convert_20170705105440.jpg
持ち運びできる簡易搾油機ではありますが、目の前で油が搾られる様子を見た子供たちは目を輝かせ、一生懸命力を入れて搾っておりました。これだけ力を入れてもこれだけしか搾れないと、油が貴重なものであることを身をもって感じてもらえたのではないかと思います。
何で一関市の花が菜の花なのか、油はどのようにして搾られるのか、どうやって食べたらいいのか、油を搾るとできる絞り粕の利用方法や、きれいな菜の花畑が故郷にどんな影響を与えることができるのか様々お話しすることができました。私にとっても楽しいひと時となりました。
19029451_650761221799515_7850375760729070578_n_convert_20170705105452.jpg
先月お知らせさせていただきましたひまわり油のプレゼント企画ですが、たくさんのお客様にご注文いただきましてありがとうございました。すぐに限定数を超えてしまい、急遽増産しお届けさせていただきました。これからもいい油をお届けできるよう頑張ってまいります。ご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA