12月の工房日記(第36号)

新年あけましておめでとうございます。本年もご愛顧のほどお願い申し上げます。
毎月発行しております工房日記が今月号で36号になりました!つまりは3年間継続できたことになります。始めたころは継続が苦手な私は何号まで続けることができるのか心配しておりましたが、現在こうして更新できておりますのは、楽しみにしていますよと声をかけていただけるお客様がいらっしゃったことが大きかったと振り返ると感じます。まだまだ続けていけるように頑張っていきますので、暇なときにさらっと読んでいただけると嬉しいです。
2018年賀c_convert_20180101113057
12月,この時期はお正月に帰省してくる家族のために、自分が栽培した菜種からとれた油で御馳走を食べさせたい、お歳暮に自分が育てた菜種の油をお世話になった人に届けたいと農家さんが菜種をもってやってきます。年内で1番忙しい時期であるとともに、1番この仕事をしていてよかったと思える時期です。お話のネタになるようなこれといったニュースはございませんでしたが、搾って搾って搾って、お渡ししてお渡しして発送してと作業に没頭した1か月となりました。まだもう少しお預かりしている原料がありますので、これから春にかけて進めていく計画です。
本年も皆様にとりまして幸多き年となりますことご祈念申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA